IBS(過敏性腸症候群)簡単セルフチェック

チェック結果

セルフチェックに当てはまる項目があり、おなかの症状や痛みに不満や不安を抱えている方は結果について、医師に相談してみましょう。

IBSは、病医院で診察・治療できる病気です。症状の改善をめざして、このチェックシートの結果を医師に伝えてみましょう。
診察時は、大腸がんや炎症性腸疾患などの器質的な胃腸疾患が潜んでいないか、確かめる場合もあります。
※チェック結果についてはご自身で判断せずに、医師にご相談ください。

チェックした項目

  • Q1

    おなかの痛みや不快感を1カ月に2回以上くりかえす。

  • Q2

    おなかの痛みや不快感がおこる時の状態で、以下に当てはまる項目はありますか?

  • もう一度チェックする

診察メモ

医師に相談するときは、自分の症状や生活スタイルを伝えましょう。以下の項目をチェックし、診察の際にお役立てください。
便通の状態と腹部の症状について
  • 1

    以下のうち、もっともつらい症状は?(複数の場合はすべて医師にお伝えください)
  • 2

    上記の症状はいつごろ(何歳)から発症しているか
    歳ごろから
  • 3

    排便回数はどのくらいか
    日に 回くらい
  • 4

    便に血液か粘液が混じっていることはないか
  • 5

    症状は、排便することによって軽くなったり消えたりするか
  • 6

    睡眠中に腹痛などで目が覚めることがあるか
生活スタイルや体調について
  • 1

    タバコを吸っているか
    (1 日約本)
    歳ごろまで)
  • 2

    お酒を飲むか

    歳ごろまで)
  • 3

    睡眠はどれくらいとっているか
    (平均時間)
  • 4

    日ごろ運動をしているか
  • 5

    体重が最近