女神ちゃんと原井田クンの元気度アップレッスン

テーマ02

体内環境師®に聞く ツボ&マッサージでお腹メンテナンス

講師:加藤雅俊先生
(日本ホリスティックセラピストアカデミー校長、体内環境師®)

医学的裏付けをもとにした指導法が話題の体内環境師®加藤雅俊先生による「いつでもどこでも簡単にできる」ツボ押し対処法を、様々な身体の症状別にトレーニング。5回にわたってレッスンをお届けします。

Lesson2 ストレスに効くツボ押し【イライラ・不安篇】

仕事のストレスでイライラすることが多くて・・・、
そんなストレスにもツボ押しは効果がありますか?

加藤先生ストレスは自律神経と関係が深いので、自律神経に直接働きかけるツボ押しはとても効果的。自律神経には、活動している時に優位になる「交感神経」とリラックスしている時に優位になる「副交感神経」の2種類があります。普段は、この2つの神経のスイッチをスムーズに切り替えることができても、ストレスを受けることで切り替えがうまくできなくなり、イライラしたりするわけです。

イライラに効くツボは、手のひらの中央よりやや上にある「労宮(ろうきゅう)」です。イライラしている時というのは、脳内の神経伝達物質「セロトニン」が不足していることが多く、癒しのツボとも呼ばれている労宮を押すことで、セロトニンの分泌を促し気持ちが落ち着いてきます。メンタルや疲労にも効く万能ツボなので、何だかイライラするという時に2~3回押してみてください。中指と薬指の間に親指を当て、ツボを押しながら指先にむけて突き上げましょう。

押すのはココ イライラに効く「労宮 -ろうきゅう-」

同じストレスでも不安や悩みだと押すツボは違いますか?

加藤先生不安や悩みには心を元気にしてくれる「内関(ないかん)」がおすすめです。自律神経に働きかけホルモンバランスを整えることで元気が出てきますので試してみてください。内関のツボは、手首の横ジワからひじ側に指幅3本分のところ。手のひらを上にしてツボに親指を当て皮膚に垂直に押しましょう。

押すのはココ 不安・悩みに効く「内関 -ないかん-」

ツボ押しの効果を高めるコツはありますか?

加藤先生:ツボ押しは「リズム」と「呼吸」が大切です。「5秒押して休む」というリズムも、いきなりグッと押すのではなく、「1,2,3,4,5」というように徐々に力を入れていき、戻す時も徐々に力を弱めていきます。また呼吸法も大切で、息を吐いている時は副交感神経が優位になり、筋肉が緩んで指がツボに届きやすくなります。ですので、ツボを押す前に息を吸ったら、ゆっくりと息を吐きながらツボを押すようにするとより効果的です。

Check!ツボの押し方

イライラには労宮、不安や悩みには内関のツボ。
目的に合ったツボ押しで上手にストレス解消してね!

本日のおさらい

どちらのツボも手にあるから、会議中や営業先でもこっそりツボ押しして気持ちを切り替えられるぞ~!

原井田クン、ストレスを感じたらツボ押しで自律神経の切り替えをスムーズにしてね!

Profile

日本ホリスティックセラピストアカデミー校長 体内環境師® 加藤雅俊先生

薬剤師、ホリスティック心理カウンセラー、プロアスリートプログラミングフィジカルトレーナー。
大学卒業後、製薬会社に入社。全国の医療現場に立ち会うなかでコミュニケーション不足による心の問題に気づき心のケアの重要性を痛感。その後、カウンセリング、コーチングマネージメントなどをマスターし、1995年に「心と身体のケアができる」サロンを開設。同時に東洋医学に通じツボや人体の造詣を深め、アロマテラピーや食餌療法を研究。心理学、食育、医学、薬学、ケア学、代替医療など個々の症状に対し総合的な観点からケアする「ホリスティック」の理念を日本で初めて唱える。独自のマッサージ法や医学的裏付けを理論とした指導法が話題となり、プロアスリートやモデル、美容家などさまざまなジャンルのプロを指導。雑誌やテレビなどでも活躍中。六本木プライベートサロンや体内環境師®養成スクールを展開し、プロの育成にも尽力している。著書は『ホントによく効くリンパとツボの本』『ホントによく効くリンパストレッチダイエット』(日本文芸社)、『どこでもできる!手のツボで元気になる本』(中経の文庫)、『5秒で効く!ツボ押し事典』(新星出版社)など多数。

「JHT(日本ホリスティックセラピストアカデミー)」
http://www.jht-ac.com/school/