IBS以外の腸の病気
(下痢・便秘・腹痛など)

下痢や便秘をくりかえす腸の病気には、IBSのほかにも、多くの病気が存在します。特に見逃してはならないのが大腸がんや炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)です。急激な体重減少や血の混じった便がみられたり、就寝中にもかかわらず排便のためにトイレに行きたくなったりする場合は、医師にご相談ください。

  • 大腸がん

    • 頻度 : 低
    • 腹痛
    • 便秘
    • 血便
    • 残便感
    • 便が細くなる

    大腸粘膜にできるがん。がんのために腸内の消化物が通りにくくなっています。

  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎クローン病)

    • 頻度 : 低
    • 腹痛
    • 血便
    • 下痢

    腸の粘膜が炎症を起こし、ただれや潰瘍ができます。

  • 感染性腸炎

    • 頻度 : 季節による
    • 腹痛
    • 下痢

    細菌、ウイルス、原虫、寄生虫などが腸内に増殖した状態です。

  • 痔(じ)

    • 頻度 : 中
    • 血便

    下痢や便秘をすると、痔から出血しやすくなります。

  • 大腸憩室

    • 頻度 : 中
    • 血便

    炎症を起こして、腹痛や血便をきたすことがあります。

  • 牛乳不耐症(乳糖不耐症)

    • 頻度 : 低
    • 腹痛
    • 下痢
    • おなかがゴロゴロ鳴る

    乳に含まれる乳糖という成分を分解・消化する酵素が腸内に少ない、もしくは腸内にその酵素がないという人が、牛乳を飲んだときに起きる症状です。