IBSとは? 下痢、腹痛、便秘の症状と
IBS(過敏性腸症候群)について

下痢・腹痛で―こんな経験ありませんか?

通勤・通学の途中で、試験の前に、大事な会議の前に、旅行先で、急におなかが痛くなりトイレに駆け込む、慌ててトイレを探す。
大事な場面でなぜかおなかを下してしまう…。

くりかえす下痢・腹痛。下痢型のIBS(過敏性腸症候群)という病気かもしれません。

検査で異常はないのに下痢・腹痛の
症状が続くIBS―悩む人は多い

「IBS(過敏性腸症候群)」は、おもにストレスに起因して、下痢や便秘を慢性的にくりかえす疾患です。大腸がんや潰瘍性大腸炎などは血液検査や大腸内視鏡検査などで腸に異常が認められますが、IBSは、検査でそうした異常はないことが確認されたうえで、症状が続く場合に診断されます。
日本人のおよそ7人に1人がIBSに当てはまると推定されており、30代より若い年代に比較的多くみられる傾向があります。重症の場合は、トイレの問題で学校や会社に行けなくなったり外出を控えるようになったりするなど、生活の質を低下させることが問題になっています。

※Hiroto Miwa. Patient Prefer Adherence. 2008; 2: 143-147.

日本人のIBSの有症率
男女/IBSのタイプ(下痢型・混合型・便秘型)/年齢別*

*Hiroto Miwa. Patient Prefer Adherence. 2008; 2: 143-147. より作図。
有症率は、インターネット調査(対象:20歳以上の男女10,000人)に基づく推計値。
IBS全体の有症率は13.1%。

IBSのタイプ(下痢型・便秘型・混合型)

IBS(過敏性腸症候群)には、その症状によって「下痢型IBS」、「便秘型IBS」、「混合型IBS」、3つに分類できない「その他」の4タイプがあります。便の形状によって分類されます。

IBSのタイプ

下痢型IBSは、下痢症状が多く出るタイプのIBSといえます。