• あなたの便秘の症状を
    セルフチェック!

    ここ3ヵ月の、あなたの下痢・便秘、おなかの痛みや不快感についての設問に答えください。おなかの不快感とは、おなかが張る感じ、おなかが何か気持ちわるい、ガスが溜まっている感じ、おなかがゴロゴロなる、残便感などの状態です。セルフチェックに当てはまる項目があり、おなかの症状や痛みに不満や不安を抱えている方は、医師に相談してみましょう。結果は保存、印刷できるので、医師に自分の症状を伝える際にお役立ていただけます。
  • IBS(過敏性腸症候群)とはどういった症状なのか、その原因は?

    IBS(過敏性腸症候群)」は、おもにストレスに起因して、下痢や便秘を慢性的にくりかえす疾患です。
    その症状によって「下痢型IBS」、「便秘型IBS」、「混合型IBS」、3つに分類できない「その他」の4タイプがあり、便の形状によって分類されます。
    くりかえす下痢・腹痛は、下痢型IBSかもしれません。
    IBS(過敏性腸症候群)の概要から、下痢型IBSの症状と原因、IBS以外で見逃してはならない腸の病気について解説します。
  • 食事や運動療法から、医師が処方するお薬など、下痢型IBSの治療法

    下痢型IBSには、さまざまな治療法があります。IBSかな?と思ったら、まずは医師にご相談ください。医師による下痢型IBSの治療は、食事療法や運動療法をはじめとするライフスタイルの改善からはじまります。それでも十分な効果が得られない場合は、お薬による治療(薬物療法)が行われます。それぞれの治療法の特徴、薬物療法でつかわれるお薬の種類と期待される効果など、下痢型IBSの治療法についてはこちらから。
  • いざ病院で受診しよう、と思っても、どこの病院に行ったらよいかわからない、診察内容が気になる…という方へ

    まずは、かかりつけの医師に相談するか、お近くの病医院を探しましょう。「病医院検索」が便利です。問診ではしっかりと自分の症状や生活スタイルを説明できることが大切です。下痢型IBSの一般的な問診の内容、検査の種類、受診前に準備しておくとよいものなど、病医院で受診する前に知っておくと役立つ情報を届けします。
  • 自分の病気に気がついたきっかけ、つらかったことや悩んだこと、受診を決めた理由、
    そして、治療を受けてどうだったか―下痢型IBSの体験談

    下痢や腹痛でIBSかな?と思い、実際に治療を受けたという6名の体験者に聞きました。
    田中さん(18歳 高校生):通学中や授業中、急におなかが痛くなります。物心ついたときからおなかは弱かったんです。特に中学の頃は恥ずかしくて。でも高校に入ったら、「実は俺も」なんていってくるヤツも結構いて…
  • 下痢型IBSについてよくある質問を、「IBSの症状(下痢・腹痛・ストレス)」、
    「IBSの診察・治療・薬」の2つのカテゴリにわけてお答えします。

    Q1:下痢・腹痛が続く原因はなんですか? 
    Q2:下痢・腹痛をやわらげる食事はありますか? 
    Q3:自分の下痢・腹痛が、病医院に行くほどの症状なのかわかりません。 
    Q4:下痢・腹痛が続いています。病医院に行かず放っておくとどうなりますか? 
    Q5: IBS(過敏性腸症候群)は…

監修医:春間 賢 先生(川崎医科大学・川崎医療福祉大学 特任教授)